注目リンク

  • ブログのアクセスを増やす

最新の記事

月別アーカイブ

SEO
  • 2007年04月 (95)
  • 2007年03月 (304)

最新の記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 第79回選抜高校野球第8日(30日・甲子園)、8強が出そろった。関西(岡山)は控え投手の川辺郁也(3年)が先発し ..
77球という記録的“省エネ投球”で 無四球の3安打完封。腰痛を抱える主戦・中村将貴(3年)の代役をこなして余りある活躍を見せ チームも12-0で創造学園大付(長野)に圧勝した。広陵(広島)は北陽(大阪)を5-3で破り 優勝した2003年以来4年ぶりの8強入り。希望枠の大垣日大(岐阜)は 同じく初出場で21世紀枠の都城泉ケ丘(宮崎)に4-1で快勝した。  “自己流”の投球フォームは やっぱり野手のもの。打たせて取る-。考えたのはこれだけだったが 終わってみれば投球数わずか77球。散発3安打 四死球ゼロに封じる見事な完封ショーだ。関西の“身代わり先発”川辺は「試合前はむちゃくちゃ緊張した。うれしいけど 気持ちがわいてこない。自分なのか…」と はにかんだ。  「救世主です」と江浦監督は絶賛したが ヒーローは「投手?たまに投げたら それでいいです」と照れまくった。  4強進出した02年春以来のベスト8進出は 川辺の活躍に尽きる。初戦の高知(高知)戦で7回を投げた大黒柱・中村が腰痛のため 無理をさせられないチーム事情で 昨秋の中国大会決勝以来の先発マウンドに立った。高知戦では抑え役として2回を投げたが それでも試合前はピリピリ。察した中村が球場入りするバスの中で激励の携帯メールを送った。  そんな仲間の後押しに 創造学園大付の早打ちにも助けられてスイスイ。投手戦の様相だった六回には 自身のバットで均衡を破る先制適時二塁打。七回にも中犠飛で加点し チームの大勝を演出した。  中学時代に全国制覇した経験を持ち 関西進学後にはノーヒットノーランを記録。非凡な才能を持ちながら「野手で頑張りたい。野手が楽しい」と あっさり言ってのける。  昨秋は正捕手・三角の腰痛リタイアで捕手も経験。「あれで(捕手の)気持ち 考え方が分かった」と 体験をプラスにした。内野をすべてこなす 頼もしい“便利屋”は「次?いけと言われたら。自分から志願?いやあ…」と また照れた。
スポンサーサイト

コメントの一覧

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバックの一覧

トラックバックURL
http://hazuki999.blog96.fc2.com/tb.php/327-80acde16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
前後のページの案内

バンドメンバー募集のキング 新着コールマン通販
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。